保険に入らずに自転車事故にあったら

タイトル


ここでは、自転車に乗っていて歩行者にぶつかってしまい、ケガをさせてしまったというケースを見てみたいと思います。
歩行者に後遺症までは残らなかったものの、転倒した拍子に腕に怪我を負ってしまいました。
自転車保険に入っていれば「個人賠償」の範囲で補償を受けられますが、運悪く入っていなかったという場合はどうすれば良いのでしょうか

   
自分や家族が入っている損害保険をチェック

まずは通常の事故と同様に、警察に連絡を入れてください。警察が来て現場検証はしてくれますが、 治療費や慰謝料の支払いについては当事者間の話し合いになります。
ここで解決出来なければ、 保険会社や弁護士を通じて調整を行うことになります。
自動車事故であれば自動車保険の会社に連絡を入れますが、自転車事故で自転車保険に入っていない場合は、どこに連絡すれば良いのでしょうか。
この場合、自身や家族が入っている損害保険をチェックしてみてください。
自動車保険、傷害保険、共済保険、生命保険に「個人賠償保険」や「賠償保険」と呼ばれるオプションが付いており、 5,000万円~1億円程度までカバー出来る可能性があります。まずはその保険会社に電話をして相談してください。

更に、こういった保険の他にも住宅総合保険や火災保険にも特約として付いている可能性があり、自転車保険にも適用可能な場合があります。
また、いつも使っているクレジットカードに個人賠償が付いているケースもあります。
JCB、VISA、ダイナース等のクレジットカードに賠責保険が付保されていないかをチェックしてみてください。

いくらいくら請求される?

被害者がどう出てくるかによって金額は大きく変わりますが、法律に照らしあわせて請求をされるケースでは、以下の計算式になります。
支払額 =(積極損害+消極損害+慰謝料)× 自身の過失割合

積極災害
事故によって被害者が直接支払うことになった金額のことで、「治療費」「通院交通費」「入院雑費(1日辺り1,500円程度)」などを指します。

消極損害
交通事故が無ければ、被害者が得られていたとおもわれる利益の金額で、仕事を休まなくてはいけなくなった「休業損害」や、 「後遺症による逸失利益」などがあります。

慰謝料
今回のケースでは「障害慰謝料」を請求される可能性があります。通院や入院慰謝料の目安は、通院1か月あたり10~30万円となり、 入院1か月あたり20~60万円です。

自身の過失割合
自身の過失割合:被害者の過失割合=9:1の場合、0.9を掛け算した値が支払額になります。

事故にあってしまうと出費だけでなく精神的な負担の重さも見逃せないものになってきます。 自分やご家族で自転車を利用されることが多い方は、 自転車保険やその他の損害保険でカバーすることを検討してみてはいかがでしょうか