自転車事故により入院されたとき、手術を受けたとき

自転車事故により入院されたとき、手術を受けたとき



自転車保険の保険料は意外とお手頃な価格で設定されています。
相場としては、本人型で年間で3,000~4,000円程度です。
したがって、自転車保険の保険料はかなり安い、という事が言えます。
では、支払われる保険金額もかなり安いなのかというと、実はそうでもありません。

もちろん会社やプランごとに保険料も支払保険金額も違いはありますが、おおよその相場では、上記くらいの保険料であれば、通院で1,000~2,000円/日、入院で4000円/日、後遺障害が残るような重症や死亡の場合は300万程度は支払われます。

仮にこれより更に高額な保険金額が必要ならば、特約付きの傷害保険がオススメです。
それほど大きな負担でなくても、最大で1億円ほどの保険金額が支払われるコースもあります。
保険料が安い方もしくは保険金額が高い方を選ぶかは、自分の判断次第です。
リスクにはしっかりと備えておきましょう。

自転車事故により入院されたとき 

入院保険金
自転車などの交通事故で入院された際、保険金をお支払いします。
保険期間中の交通事故によるケガのため、入院された場合の補償をします。

手術をうけた時

手術保険金
自転車などの交通事故で入院された際、入院中の手術は入院保険金日額の10倍、入院中以外の手術は入院保険金日額の5倍をお支払いします。
保険期間中の交通事故によるケガの治療のため、入院保険金の支払対象期間(180日)中に手術を受けられた場合の補償をします。

入院・手術補償について

入院保険金は日額4,000~6,000円、通院保険金は日額0円~2,000円程度で、各社大きな差がありません。

通勤、通学、ちょっとしたお買い物時など、身近な目的地への交通手段として愛用されている自転車。
運転免許を必要とせず、大人から子どもまで気軽に乗れることに加え、最近ではガソリン価格の高騰や健康志向の高まりを受けてか、自転車人口は増加傾向にあります。
しかし、忘れてはいけません。自転車も立派なクルマだということを。
ルールを守らずに危険な運転をすると、いつ被害者、加害者になってもおかしくはありません。
事実、安全不確認や一時不停止など、ちょっと気を抜くとやってしまいがちなルール違反が、取り返しのつかない事態に発展することもあるのです。備えあれば憂いなし。