自転車保険比較サイト「CycleOne」

子供の自転車保険は必要?

近年の自転車に対する関心が高まる中で、議論の的になっていることの一つに「自転車保険」があります。
もしもの時の備えとして重要で、かつ自転車で事故の加害者になってしまったときに金銭的な助けとなります。
そんな自転車保険ですが、大人の方は入った方がいいのはイメージしやすいですが、子供に関しては自転車保険に加入した方がいいのかどうか皆さんはどう思われていますか。
「そんな大げさな」と思う人もいれば、「あった方がいいかも」と思う人もいるでしょう。

今回は子供の自転車保険は必要かどうかについてまとめていきます。

1.子供の自転車事故で多額の賠償金請求事例

こんなニュースを聞いたことがありますか。
ある子供が自転車を運転していたら、向こうから歩いていた高齢のおばあさんと衝突。おばあさんは頭を強く打ち帰らぬ人になり、子供には多額の賠償金が請求されてしまう。
よくある自転車事故の高額賠償令で聞かれる事例ですよね。

このような事故は、損害賠償の高額さから、あまり現実味のない話に聞こえてしまいますが、事故が起こらないまでも、子供の自転車走行には、このようなことが起きるリスクにあふれています。
いつ起きるかわからない事故の備えとして、たとえ子供でも自転車保険の加入は必要といえるでしょう。

2.子供は特に事故を起こすリスクが高い

自転車事故と聞くと、交通違反をした自転車や、スピードの出しすぎた自転車が頭に思い浮かぶかもしれませんが、意外に危険なのが子供の運転です。

子供は特に事故を起こすリスクが高いといえます。
理由としてはいくつかありますが、まず第一に子供はルールの意味を把握していないことが挙げられます。
私たち大人はルールを知っているだけではなく、なぜそのようなルールが存在しているのか、ルールを守る以外にどのような行動を取ればリスクを軽減できるのかを考えて自転車に乗ることができます。

しかし、子供はそこまで深く危険を考えることは少ないでしょう。
多くのこともが表面的なルールを順守していればいいと理解しています。日本の自転車交通事情を考えてみれば、ルールと環境が未成熟であることから、ルールだけを守るだけでは不十分でもあります。
子供の自転車走行には、そういった危機意識の不足による危険が潜んでいます。

2つ目は、運転技術が未熟であることです。
特に小学生以下の子供に多いですが、まっすぐ安全に自転車を運転できる子供がどれだけいるでしょうか。走る、止まる、曲がるなどの基本的な運転技術は、安全に走行するうえでも、最も重要です。
そういった技術が未熟な子供は事故に遭うリスクも高くなるといえるでしょう。

3.こういったリスクに備えて自転車保険に加入しましょう

子供は自転車で事故を起こすリスクが高いことや、体が小さく事故に遭った時の被害なども考えると、自転車保険に加入しておくべきといえるでしょう。
言い換えれば、自転車保険に大人も子供も関係ないといえます。
自転車に乗る上で、どれだけ安全に運転していても、事故に遭うリスクは必ず潜んでいます。

自分が被害者になったときでも、加害者になったときでも、金銭面でカバーできるような対策をしておくべきです。
事故に遭わないように努めることはできますが、事故を100%防ぐことはできません。
自転車保険は他の保険に比べて、保険料が安いという特徴もあるので、入っていて損はないでしょう。

4.自転車保険に加入する前に、事前に入っている保険をチェック

ここまで子供の自転車保険の必要性について書いてきましたが、自転車保険は絶対に必要というわけではありまえん。
言い換えれば、自転車保険に代わる役割を担う保険にすでに加入していれば必要ありません。

世の中には自転車保険以外にも様々な保険があります。
その中には、プランの中に「個人賠償責任保険」の特約が付いているものがあります。
これがあると、事故の加害者になった場合でも、賠償金額を保険でカバーすることができます。
なので、これがある状態で自転車保険に加入しても、二重の保険になってしまいお金の無駄になってしまいます。

自転車保険に加入するときには、すでに自分が入っている保険をチェックしたうえで、自転車保険が担う役割を持っているかどうかをチェックしてください。
自転車保険が必要かどうかについては、必要な人もいれば、そうではない人もいます。ただ、事故に遭った時に自分を守ってくれる保険は必ず1つは持っておくべきです。
そういう意味では、自転車保険でなくてもいい、なければ自転車保険に加入するという考え方でいいでしょう。

まとめ

ここまで子供の自転車保険の必要性についてまとめてきました。
いつ事故を起こすかわからないのは、大人も子供も同じです。
自転車に乗る以上は、事故に遭遇した時のことを考えて必要な保険に加入しておくべきですね。