自転車保険比較サイト「CycleOne」

自転車事故時の個人賠償責任保険

自転車保険に加入するときに知っておきたい用語に「個人賠償責任保険」というものがあります。
これは自転車保険の内容の1つなのですが、この「個人賠償責任保険」が自転車保険の中心ともいえる重要な存在です。
しかし、自転車保険に詳しくない人にとってみれば、難しい言葉が並んで想像しにくい言葉でもありますよね。今回は自転車保険における「個人賠償責任保険」について詳しく解説していきます。

1.自転車保険で覚えておきたい2つの保険

自転車保険は主に2つの保険によって成り立っています。
その2つとは、「自転車傷害保険」と「個人賠償責任保険」です。一見すると何を補償している言葉なのかわかりませんが、そこまで難しい内容ではなく、簡単に理解することができます。

まず、「自転車傷害保険」は、簡単に言えば、自転車事故によって負傷した自分に対して受けることができる保険です。自転車事故によって、入院や通院をしたときにかかる費用などを保険によって補償してもらえるサービスです。「自転車傷害保険」は「自分」への保険と覚えましょう。

続いて、「個人賠償責任保険」ですが、これは自転車事故によって負傷した相手方に対して支払う損害賠償金を保険によって補償してもらえるサービスです。「個人賠償責任保険」は「相手」への保険と覚えましょう。
このように「自転車傷害保険」と「個人賠償責任保険」は、保険によって補償される対象が「自分」か「相手」という違いがあり、この2つが自転車保険の2つの柱となっています。

【簡単なイメージ】
・「自転車傷害保険」→事故で負傷した「自分」への補償
・「個人賠償責任保険」→事故で負傷した「相手」への補償

2.自転車保険の「個人賠償責任保険」が必要な理由

自転車保険における「個人賠償責任保険」に加入しておくべき理由については、自転車事故によって発生する多額の賠償金が関係しています。
皆さんもニュースなどでご覧になったことがあるかと思いますが、自転車事故によって被害者が死亡してしまい、何千万円から何億円といった賠償金を支払わなければならないといったケースがあります。
金額の大きさから、現実味があまりないように思えてしまいますが、自転車に乗る以上は、このような事態に陥る可能性はあります。
急に多額の賠償金の支払いを命じられても、しっかり対応することができる人はごく少数でしょう。
そのため、そのようなリスクに備えるためにも「個人賠償責任保険」のある自転車保険に加入しておく必要があります。

3.自転車保険は「個人賠償責任保険」の補償額で選ぶ

自転車保険によって「個人賠償責任保険」で補償してもらえる金額は異なります。
保険によって、補償額が数千万のものから最大3億円補償してくれるものまであります。
<
また、多くの場合、補償額が大きいほど、保険料が高くなるので、ご自身の自転車の利用頻度やスタイルに合わせて最適な自転車保険に加入するといいでしょう。

4.「個人賠償責任保険」は自転車保険でなくてもいい?

自転車保険に加入する理由のほとんどが「個人賠償責任保険」であるといっても過言ではありません。
自転車事故によるリスクをカバーするためにも自転車保険への加入は必須といえるでしょう。
しかし、人によっては自転車保険に加入する必要がない場合もあります。
理由としては、必ずしも「個人賠償責任保険」は自転車保険に加入しなければ得られない保険ではないからです。

自転車保険以外にも、火災保険や傷害保険、自動車保険の特約に「個人賠償責任保険」が含まれている場合があります。
そのため、これらの保険の中で「個人賠償責任保険」をカバーできているのであれば、わざわざ自転車保険に加入する必要はありません。

5.自転車に乗る全ての人は「個人賠償責任保険」が必要です

昨今の自転車事情から自転車保険への加入が推奨されています。
その中で、自転車保険が必要かどうか、よく分からない人も多いでしょう。
色々な意見はありますが、自転車に乗るのであれば、確実に「個人賠償責任保険」に加入しておく必要があります。

そして、その形は自転車保険でもその他の保険でも構わないと覚えておくといいでしょう。自転車に乗る上では、常に自転車事故のリスクがあると思っておくべきです。
そして、最悪の場合に発生する多額の賠償金に備えて「個人賠償責任保険」に入っておきましょう。

まとめ

保険に関することは慣れていない人にとっては、よくわからない専門用語が次から次へと出てくるので理解しづらいと感じてしまう人もいるでしょう。
自転車保険については、そういった言葉が出てきても、内容自体はシンプルなものが多いので理解することができます。
自転車に乗る人であれば必ず加入しておきたい「個人賠償責任保険」。この記事を読んで、しっかり理解をしてから加入を検討してみてください。