自転車保険比較サイト「CycleOne」

自転車保険って本当に必要あるの?

近年の健康志向や環境への配慮から、自転車の積極的な利用が提唱され、サイクリングブームなどの後押しもあって、自転車に乗る人口が増えつつあります。
もちろん自転車人口の増加は喜ばしい一方で、利用者が交通ルールを理解していなかったり、自転車の走る環境が整備されていないことなど問題点は多いです。
その中でも、重要なのが自転車による事故です。時には、自分だけではなく、相手に重大なケガを負わせてしまう可能性のある自転車ですので、こういったリスクを考慮しなければなりません。

そこで、必要なのが自転車保険です。
自転車保険があれば、自転車による事故が起きたときでも、必要な補償を受けることができます。

今回はそんな自転車保険の必要性や、入るべき理由についてまとめていきます。

1.自転車保険の必要性について

自転車保険の加入者はまだまだ少ない現状があります。
最近では、自治体によって加入が義務付けられている場合もありますが、まだまだ利用者の中では、本当に自転車保険が必要なのか疑問に思っている人も多いはずです。

ここでは、まず自転車保険の必要性についてまとめていきます。
まず、自転車に乗るということは、自分だけではなく、他人を傷つけてしまう可能性がある乗り物であるということを理解しなければなりません。
自転車はあまりに日常的な乗り物ゆえ、それが時に凶器に代わるというイメージが付きづらいというのもありますが、自転車事故によって重大なケガに繋がる恐れがあります。
現実に、自転車に乗っていた小学生が、高齢者と衝突し、重篤なケガを負わせたことによって、高額の賠償金が請求されるなどといったケースもあります。
もしもの時に、多額の賠償金を支払える人はいないでしょう。

そういった事態に誰もがなる可能性があることを理解したうえで、自転車保険に加入しておく必要性があります。
自転車保険に加入していれば、自転車による事故を起こした場合でも、相手への賠償金や、自分がケガを負った際の補償までカバーすることができます。
自動車の場合、自賠責保険への加入が義務付けられていますが、自転車では、そういった加入義務はありません。

しかし、事故を起こす可能性があることや、それによって多額の賠償金が発生する可能性があることは自動車でも自転車でも同じです。
そういった意味では、自転車保険に加入していないのが不思議なぐらいといえるでしょう。

2.自転車保険に加入する必要のない人もいます

自転車に乗る人であれば、自転車保険への加入は必ずしておくべきではありますが、中には加入する必要がないパターンもあります。
それは、自転車保険以外で加入している保険によって、自転車保険と同等のサービスを受けることができる人です。

例えば、火災保険や傷害保険などといった保険のオプションに「個人賠償責任保険」というものが付随している方はいますでしょうか。
そういった方であれば、自転車保険に加入しなくても、自転車事故を起こしたときに、すでに加入している別の保険によって補償を受けることができます。
そのため、自転車保険に加入するときには、今自分が加入している保険の内容をくまなく確認したうえで、自転車保険の役割を代替してくれるものがあるかどうかを調べてください。

3.自転車保険に入るべき人はこんな人

自転車保険へ加入する必要性について、ここまで解説してきましたが、もちろん自転車に乗らない人にとっては、自転車保険は必要ありません。
逆を言えば、自転車に乗る全ての人は自転車保険に入るべきであるといえます。
ただ、先ほども説明したように、すでに加入している保険でカバーできている人は、改めて自転車保険に入る必要はありません。
重要なのは、自転車に乗る上で生じうるリスクに対する備えがあるということです。

問題はどの保険に入るべきかですね。
大体の場合、保険料と補償内容は比例する関係にあります。
自転車の利用頻度や状況などを考慮して、自分に見合った自転車保険に入るべきです。

例えば、普段買い物程度でしか自転車に乗らない場合は、重大な事故を起こす可能性は比較的低いと考えられるため、最低限の補償が含まれた自転車保険で十分といえるでしょう。
また、スポーツサイクルなどにのって、頻繁にサイクリングをするような方であれば、補償内容が充実した自転車保険に入るべきですし、損害賠償補償や傷害補償だけではなく、自転車ロードサービスなどといったオプションが含まれた保険に加入するものおすすめです。

まとめ

これから自転車の利用者は増え続ける傾向にあると思われます。
それによって自転車による事故も増加する可能性があります。
自分が事故に巻き込まれるだけではなく、自分が加害者になる可能性ももちろんあります。
そういったリスクへの備えは絶対に持っておくべきです。自転車に乗るのであれば、自転車保険への加入をまずは検討してみてください。